船の仕事、海の仕事に興味のある方!船の学校であなたの夢を叶えませんか?

リンクサイトマップ
資料請求フォーム
海運について知る

Marine Transport海運について知る

日本の暮らしと船

日本は島国。
海を越えなければ、人も物も他の国へ行けない。
海を越えなければ、人も物も日本には来られない。

人の場合は、ほとんど飛行機を使って外国へ行き、飛行機を使って外国から日本に来ます。

それでは、物はどうでしょう。物の外国との行き来、つまり輸出入を合わせた日本の貿易量は、重量で年間9億トン以上、このうち飛行機が運んでいるのは0.3%、残りの99.7%は船が運んでいるのです。

原材料の輸入割合

船が運んでくる主な輸入品は、原油や天然ガスなどのエネルギー原料、鉄鉱石、銅やアルミニウムなどの工業原料、また毎日の生活になくてはならない「衣・食・住」の原材料となる綿花・羊毛(衣)、小麦・大豆(食)、木材(住)などです。
近年、日本企業の生産拠点が海外に広がってきましたが、現在でも輸入した原材料を基に国内で生産した自動車や家電製品、機械類などの工業製品は自動車専用船やコンテナ船などの船により外国に運んでいます。

外航海運と内航海運

輸送量このような日本の港と外国の港の間を船を使って物や人を運ぶことを外航海運といい、外国との行き来をしている船を外航船と呼びます。

 外国との貿易から、今度は国内に目を向けると、日本国内の港の間を船を使って物や人を運ぶことを内航海運といい、国内の港の間を行き来している船を内航船と呼びます。

日本は南北に細長い島国であり、大都市や大工業地帯のほとんどは沿岸部にあります。このため、船を利用した物流は昔から盛んに行われてきました。しかし、陸上の交通手段が人の足から鉄道、自動車とスピードが速くなるに従って、物流手段も船からトラック輸送へとその主流が変わってきました。確かに、輸送重量だけを見た場合には、トラック輸送が全体の約91%、船による輸送は約8%と断然トラック輸送量が多くなっています。これにより、日本中を如何に多くのトラックが走り回って荷物を運んでいるかがわかります。

また一方、輸送量に輸送距離をかけたトン・キロベースという数字で見ると、トラック輸送は約61%に減り、船による輸送は約35%と割合が増えています。これは、船の方がトラックより断然長距離の輸送を担っているということを示しています。

地球に優しい海運

 内航船で最も多い船型の総トン数499トンの船のうち鉄製品を積む貨物船は、約1500トンの荷物を積むことが出来ます。この船の多くは、乗組員数5名です。運転手1名の10トン積みトラックと比較すると、同じ1500トンの荷物を運ぶ際、トラックの場合150台、150人の人が必要ですが、船では1隻5名の人数で輸送しているのです。
内航船の品目別輸送割合
先ほどの船の特色と合わせて考えた場合、船による輸送は、長距離・大量輸送に優れていると同時に、トラック輸送に比べて二酸化炭素の排出量も少なく、輸送に必要な人員も含めてエネルギー効率が良く、環境に優しい輸送手段なのです。この長距離・大量輸送に優れ、地球に優しい内航船の特色を活かして、内航船の貨物の約8割は、石油、石灰石、鉄鋼、セメントなどの産業基礎資材が占めています。このような産業基礎資材以外にも自動車、紙、生鮮食料品など様々な荷物を内航船が輸送しています。

「つまり、海運は日本の産業や経済活動の基盤を支えていると同時に、我々日本人の暮らしになくてはならない産業なのです。」 

 (内航船が荷物を運ぶ際には、石油はタンカー、石灰石は石灰石専用船、他にも自動車を運ぶ自動車専用船やセメント専用船など、その荷物の輸送に適した専用の船によって運んでいます。)
  • 船員の魅力
  • 学校生活
  • 海運について知る
  • 船の学校の紹介
  • お問い合わせフォーム
季刊誌Breeze資料請求フォーム全国にある船の学校を紹介します
その他のコンテンツ新着情報リンクサイトマップ独立行政法人海技教育機構サイトポリシー

船の学校.jp 独立行政法人海技教育機構

〒231-0003 神奈川県横浜市中区北仲通5-57 横浜第二合同庁舎20階
TEL:045-211-7315 FAX:045-211-7317