「船の学校」とは、日本のライフラインを支える役割を担う船乗りを養成する国土交通省所管の専門学校で、中学校卒業者を対象にした「国立海上技術学校」と高等学校卒業者を対象にした「国立海上技術短期大学校」の2種類があります。

船舶で職員として働くためには、「海技士免状」が必要です。この海技士免状を取得するためには、国家試験に合格する必要がありますが、船の学校を卒業すると船舶職員になるために必要な四級海技士(航海)・内燃機関四級海技士(機関)の資格が容易に取得することができます。

 

・船舶操縦士を目指せる学校一覧

>>国立清水海上技術短期大学校

>>国立波方海上技術短期大学校

>>水産大学校

>>国立宮古海上技術短期大学校

>>東海大学

>>東京海洋大学

 

船員教育機関については、以下を参考にしてください

>>海の仕事.com

 

独立行政法人海技教育機構、採用情報

>>https://www.jmets.ac.jp/recruit/